自由が丘で美味い魚が食べられる「川目」に飲みに行ってきた

自由が丘「川目」の刺身盛り合わせ




「しっかりとしたお店で美味しい魚を食べながら飲みたいなぁ」

と思ったので、会社の同僚と自由ヶ丘にある「川目」に行ってきました。

僕は職場がある渋谷の近くで飲むことが多いのだけど、最近は機会があれば色々なところに足を伸ばす様にしている。

今回は気になっていた自由ヶ丘にある「川目」に行くことにした。

食べログはこちら。

場所はここ。

「川目」は自由ヶ丘の駅から3分ぐらい歩いて、少しメインの道から外れたところにある。

 

 

自由が丘で美味い魚が食べられる「川目」に飲みに行ってきた

落ち着いた店内とオープンキッチン

自由が丘「川目」の看板

自由ヶ丘の駅から歩いていき、看板を見つけた。

正確な店名は「魚市場 川目」みたい。
食べログだと「川目」としか書いてなかった。

自由が丘「川目」の外観

「川目」は ビルの1Fにあり、外観はとても和風。

外で待つ席も和風。

自由が丘「川目」の内観

こちらが「川目」の内観。

落ち着いた居酒屋という感じ。僕はこういう雰囲気が大好き。

自由が丘「川目」のカウンターからの景色

大好きなカウンターに通してもらえた。

オープンキッチンになっていて、料理しているところを見ることができる。

こういうシチュエーションもお酒を美味しくしてくれる要素だよね。

自由が丘「川目」のお箸

お箸もなんか雰囲気がある。

自由が丘「川目」のホワイトボード

壁にはおすすめメニューが書かれたホワイトボードと、寿司のメニューがある。

「川目」はツマミ以外に寿司も注文できる。寿司好きにはたまらない。

 

美味しい海鮮料理と美味しいお酒で大満足

自由が丘「川目」のビール

まずはとりあえずビール。

このあと日本酒や緑茶ハイとかも飲んだんだけど、写真を撮るのを忘れてしまった。

自由が丘「川目」のお通し

こちらがお通し。

レンコンと舞茸を煮付けたものだった。
このお通しは普通だった。

自由が丘「川目」の刺身盛り合わせ

最初に来たのが「本日の六種盛り」という刺身の盛り合わせ。

マグロ、カツオなどの刺身が2切れずつ6種類。

「魚が美味しい」という評判なだけあって、どの刺身も美味しかった。

自由が丘「川目」のトロタク巻き

こちらがトロタク巻き。

僕は細巻きをツマミにして飲むのが大好き。
そしてその細巻きはトロタク巻きがベスト。

もちろん美味しい。

自由が丘「川目」の穴子の白焼き

こちらが「穴子の白焼き」。

穴子の天ぷらと悩んだのだけど、天ぷらは衣でお腹がいっぱいになりそうなので白焼きにした。

柔らかくって美味でした。すだちが付いてるのが嬉しい。

自由が丘「川目」の生すじ子の醤油漬け

こちらは「生すじ子の醤油漬け」。

要はイクラだと思うんだけど、これをチビチビと食べながら日本酒をいただいた。

自由が丘「川目」のメヒカリの天ぷら ゆかり塩で

「メヒカリの天ぷら ゆかり塩を添えて」。

今回食べた中でこれが一番美味しかった!

メヒカリは熱々のふわふわで、ゆかり塩で食べるってところもステキ。

これがメニューにあったらぜひ食べてみてほしい。

自由が丘「川目」の握り寿司

握り寿司も頼んだ。

2人で注文したのは中トロ、シマアジ、イカ2貫、イクラ。
僕は中トロとシマアジとイカを食べた。

ネタが美味しいから寿司ももちろん美味しい。

自由が丘「川目」のつぶ貝の刺身

最後にもう少しツマミが欲しかったので、つぶ貝の刺身を注文。

コリコリとした歯ごたえで良きツマミになった。

 

自由ヶ丘「川目」のまとめ

美味しい海鮮料理と和風で落ち着く店内

最後に「川目」についてまとめると、

  • 魚が美味しい
  • 特に「メヒカリの天ぷら」美味かった
  • 和風の店内で落ち着いて飲める
  • 混んでるので予約したほうがいい
  • 値段は少し高め

という感じ。

今回は予約して行ったんだけど、お店はずっと混んでいた。
予約無しだと入れないこともありそうなので、行くなら予約したほうがいい。

あと、美味しいだけに値段は少し高めの設定。

今回は紹介した料理の他に、お酒を2人合わせて7〜8杯飲んで15,000円ぐらい。
つまり一人7,500円ぐらい。

居酒屋感覚で行くと高く感じてしまうので注意してほしい。
食べログのジャンルも「割烹・小料理」になってるしね。

 

とにかく、美味しい魚でお酒が飲めて幸せでした。

「しっかりとしたお店で美味しい魚を食べながら飲みたいなぁ」
と思った人はぜひ行ってみて欲しい。