渋谷の「横浜家系 侍」で家系ラーメンを食べてきた

「横浜家系 侍」の家系ラーメン




渋谷で僕が好きなラーメン屋に家系の「横浜家系 侍」がある。
今回は「横浜家系 侍」を紹介したい。

渋谷の「横浜家系 侍」がある場所はここだ。

明治通りを恵比寿方面に向かっていくと、右手のビルの1階にある。
渋谷駅からは少し距離がある。

食べログはこちら。

 

渋谷の「横浜家系 侍」で家系ラーメンを食べてきた

人気店なので混んでるときは少し行列になっている時も

「横浜家系 侍」の看板

明治通りの右側を歩いていくと、こんな感じで緑の看板が見えて来る。

「横浜家系 侍」の外観

こちらが「横浜家系 侍」の外観。
※すいません、後から休業中に撮影したものなので店内が暗くなってますw

結構人気があるので、時間帯によっては行列ができてる時もある。

よく見たらドアの上に家系の呪文「カタ・コメ・オオメ」って書いてある。

ちなみに「横浜家系 侍」はここ以外にも店舗があるみたい。

 

「これぞ家系ラーメン!」太目の麺とコクのあるスープ

僕はいつも侍に来た時は

  • らーめん(750円)
  • 半ライス(50円)

を注文する。

家系ラーメンは味が濃いのでライスが欲しくなる。
ライスと合わせることで家系ラーメンの完成形になるのではないかと思ってるぐらいだ。

侍は食券制なのだけど、食券を渡すときに

  • 麺の硬さ(かため、ふつう、やわらかめ)
  • 醤油の濃さ(濃いめ、ふつう、薄め)
  • 鶏油の量(多め、ふつう、少なめ、なし)

を選ぶことができる。
僕はいつも「麺を固め」だけお願いしている。麺に歯ごたえがある方が好きだからだ。

「横浜家系 侍」の家系ラーメン

こちらが渋谷の「横浜家系 侍」の「らーめん」。

写真を見るだけでも食欲がわいてくる。美しい。

「横浜家系 侍」のライス

こちらが半ライス。
半ライスだけど、普通のご飯1膳ぐらいあると思う。

僕には十分な量。

「横浜家系 侍」の家系ラーメンのチャーシュー

こちらがチャーシュー。

僕は侍のらーめんが大好きだけど、このチャーシューに関してはいたって普通だと思う。
良くあるあのチャーシューの味。

なので僕はチャーシュー多めにすることはない。

「横浜家系 侍」の家系ラーメンのほうれん草

ほうれん草。

家系ラーメンにほうれん草を入れることを考えた人は天才だと思う。
濃いスープにほうれん草がとても合う。

ほうれん草多めにすることもできるのだけど、なんだか全体的に味が変わりそうでできない。

「横浜家系 侍」の家系ラーメンの麺

こちらが侍の麺。

太目でモチモチしていて美味しい。スープにも良く絡む。

「横浜家系 侍」の家系ラーメンのスープ

そしてスープ。

見た目だけで濃いことが分かる。
こってりしていてコクもあって美味い。

家系ラーメンって
「この味、体に悪いだろうな・・・でも美味い・・・やめられない!」
っていう感じがたまらない。

味が濃い目なのでライスもすすむ。

「横浜家系 侍」の裏技

侍にはこういう裏技が書かれたものがカウンターに置いてある。

この裏ワザのためか、カウンターにはキューちゃんと豆板醤がしっかり置かれている。

「横浜家系 侍」のライス2

僕はいつもライスが残り1/3ぐらいになってからこれを試す。

味はキューちゃんと豆板醤を合わせたそのまんまの想像どおりの味w
でも、これまた「体に悪そうだけどやめられない」味だ。ついついやってしまう。

 

「横浜家系 侍」のらーめんについてまとめ

「家系ってコレだよね」と思わせる王道の味

最後に「横浜家系 侍」のらーめんの感想をまとめると、

  • 濃いめのスープとモチモチの太麺
  • ライスがすすむ
  • 体に悪そうで背徳感がある味だけどやめられない

と、ここまでは他の家系でも言える感想なんだけど、侍は

  • 味のバランスが良くて家系の王道を感じるラーメン

だと僕は思っている。

家系ラーメンが食べたくなった時に、
「コレコレ、これなんだよなー」
と思わせる安定感がある。

麺、スープ、具に一体感があるというか全体的なバランスが良いというか。

食べたことがない人は一度食べてみて欲しい。