渋谷の「喜楽 」でもやしワンタン麺を食べてきた

渋谷「喜楽」のもやしワンタン麺




僕の職場がある渋谷には多くのラーメン店がある。

最近、人気のラーメン店を巡ってみようと思い立ったので、まずは人気の老舗ラーメン店「喜楽」に行ってきた。

場所はここだ。

道玄坂を登っていくと右手に入口が「しぶや百軒店」となっている坂の道があるので、そこを入って少し行った左手にある。
ちなみに「百軒店」は「ひゃっけんだな」と読むらしい。

食べログはこちら

 

流行りを追わず好感触の美味しい「もやしワンタン麺」

老舗感のある飾らない外観と内装

渋谷「喜楽」の外観

お店の外観はこちら。
全く飾り気のない外観。左の壁に埋め込まれた右から読む「喜楽」という看板が老舗を感じる。

この日は14時すぎの遅めに行ったので行列はなかった。

渋谷「喜楽」の内観

こちらが内観。

内観も飾り気はなく、とにかくシンプル。

渋谷「喜楽」のメニュー表 渋谷「喜楽」のメニュー裏

メニューがこちら。

ラーメンは塩味もある様だ。さらに「肉野菜」(たぶん肉野菜炒め)や「炒飯」「中華丼」などの麺以外のメニューもある。

ラーメン屋というよりは中華料理屋なんだろう。

麺以外の料理も気になるけど、一番人気と思われる「もやしワンタン麺」を注文した。
もやしとワンタンで量が増えると思うので、サイドメニューの注文はやめておいた。

 

モチモチの太麺と焦がしネギのスープ

渋谷「喜楽」のもやしワンタン麺

「もやしワンタン麺」がこちら。
注文して5分ぐらいで出てきた。結構ボリュームがある。

渋谷「喜楽」のもやしワンタン麺のワンタン

ワンタンはしっかり茹でたタイプではなく、皮の食感がしっかり残っているタイプ。
溶けそうになってる皮よりも、このほうが食べ応えがあっていいかも。

数は3つぐらいかなと勝手にイメージしてたら5~6個入っていて結構ボリュームがある。

渋谷「喜楽」のもやしワンタン麺の麺

麺はモチモチした太麺で歯ごたえがあってとても美味しい!
個人的にとても好きな麺のタイプ。二郎とか中本の麺に近い気がする。

スープの味がしっかりしているからか、麺にスープが良く絡んでいる。

渋谷「喜楽」のもやしワンタン麺のスープ

そしてこちらがスープ。

醤油ベースで味は濃いめだけど後味はさっぱりしている。
どこか懐かしいのに、他には無い様な不思議な味のスープ。

焦がしネギが入っていてとても美味しい。

もやしもシャキシャキしていて、これもスープに良く合っていた。

最近流行りの尖ったラーメンではなく、どこか懐かしい感じがしながら他とは違う美味しいラーメンだった。

 

「喜楽」のもやしワンタン麺についてまとめ

ノーマルな醤油ラーメンをイメージしてたけど返り討ちに

最後に「喜楽」のもやしワンタン麺の感想をまとめると、

  • モチモチした太麺が美味しい
  • 焦がしネギの入ったスープも美味しい
  • ワンタンの味は正直普通な気がするけどあったほうがいい
  • 他のメニューも気になる

という感じ。

ワンタンについてなんだけど、味は普通な気がする。
でも、ワンタン無しだとちょっと量が足りなくなるので、あったほうがいいと思った。

女性やかなり小食な方はワンタン無しでもいいと思う。
少し小食な僕には「もやしワンタン麺」でちょうどいい量だった。
おそらく餃子とかを足してしまうと食べすぎになりそう。

そんなわけでワンタンはあったほうがいい。具が多い方が楽しいしね。

味に関しては正直、「昔ながらの普通のあっさりした醤油ラーメンの美味しいやつ」をイメージしていたのだけど、全然違った。
懐かしさはあるけどパンチのあるラーメンだった。嬉しい誤算。

次回は麺じゃない料理も食べてみたいのだけど、美味しかったのでまた「もやしワンタン麺」を頼んでしまいそうな気がする・・・。

今度は4人ぐらいで行って他の料理をシェアして食べてみようかな。