遅ればせながらAppleのワイヤレスイヤホンAirPodsを手に入れたので開封レビュー

AirPods




発売開始から半年遅れで手に入れたワケ

AirPodsがAppleから販売開始されたのは2016年の12月13日。

僕がAirPodsを手に入れたのは2017年の5月10日。

販売されてから半年後にAirPodsを手に入れたことになる。

ただ、AirPodsが入手困難だったから半年かかったわけではない。
確かにこのブログを書いている時点でもAirPodsはApple Storeで6週間待ちになるほど在庫不足だ。

なぜ入手が遅れたかと言うと、単純に最近まで「いらない」と思ってたからだ。

欲しくなってからは生来の物欲からガマンできなくなり、1週間で手にいれた。

AirPods手に入れた方法は「AirPods 在庫」でググればすぐ出てくるので割愛するけど、少し頑張って1週間で手に入った。

今すぐ欲しい人はググって手に入れて欲しい。

じゃあなぜ最近までAirPodsが「いらない」と思ってたかと言うと、

音質にこだわるならやっぱり有線だよね、というどこかで見たり聞いたことある、音質にこだわる人たちの情報を妄信していたからだ。

「じゃあ今までどんなイヤホンを使ってたの?」と言われると大変恥ずかしいのだが、たいしてお金もない僕はSHUREのSE215を使っていた。
いちおうケーブルも変えたりしてちょっと頑張っていた。

そんな僕がAirPodsを欲しくなった理由は以下だ。

  • スマホをiPhone7にしたけどイヤホンジャックが無い。
  • ↑のために有線イヤホンをLightningケーブルで繋ぐのが面倒。
  • YoutubeでAirPodsを使っている人のレビューを見たら快適そう。
  • イヤホンにそこまでお金をかけれないのに、音質にこだわるのが馬鹿らしくなった。
  • Apple製品が好きだし使ってみたい。

最後でかなりミーハーな理由となってしまったけど、簡単に言えば、

普段スマホからイヤホンで聞く音楽なら音質なんてそこそこでいいし、それなら快適なほうが良くね?

ってことです。

※ 僕のイヤホン、ヘッドホン遍歴はまたどこかで語りたいと思う。

 

AirPodsをいよいよ開封

そんなわけで手に入れた。

AirPodsの箱はAppleらしくシンプルで格好いい。箱は結構小さい。

どれぐらい小さいかというと、

普段いつも食べているMINTIAとの比較で申し訳ないけどこれぐらい。

大きさはなんとなく伝わるよね?

裏はこう。

ケースのお尻からLightningケーブルで充電できるな・・・とここで分かる。
まぁ、AirPodsのケースを実際に見ればすぐ分かるんだけど。

箱を開けてすぐはこんな感じ。

「Hello」とかは書いてない。最近のAppleは「Hello」やめたのかな?

最初の箱?袋?的なやつの中には説明書が入っている。

正直読まなかったw

Youtubeの動画とかで既にiPhoneとの接続方法は分かってたのでスルー。

説明書の箱を外すとやっとケースのおでまし。

ここでテンションが上がってくる。

ケースを取り出してみた。

意外と小さい。

またまたMINTIAさん登場。

大きさが分かっていただけると思う(分かるよね?)

想像よりすごく小さい。持ち運びには全然OKなサイズ。

ケースを開けたらイヤホン部分のお出まし。

さらにテンションがあがる。

ケースはツルツルだから、画像はもう静電気でホコリがついてるけどご容赦いただきたい。

 

AirPodsをiPhoneに接続

iPhone7の近くでAirPodsのケースを開けたらすぐに接続ができた。

「設定」→「BlueTooth」とかを開く必要はない。すごく簡単で感動した。
以下の様な感じで設定が完了する。

  1. iPhoneの近くでAirPodsのケースを開く
  2. iPhoneの画面上にAirPodsの接続画面が自動で開くので[接続]ボタンを押す

これだけ。素晴らしく簡単。

↑の画像は出荷時の状態でこの充電量だった。

AirPodsをいよいよ装着

さっそく耳につけてみた。おっさんの耳アップで申し訳ない。

耳に入れた瞬間に「ヴォーン」という音がして、すぐにiPhoneと接続する。
これはすごく楽。

今までBlueToothのワイヤレスイヤホンはいくつか使ったことあるけど、それらはBlueTooth接続するために物理ボタン長押しなどが必須だった。
AirPodsならそんな操作はいらない。

ケースからAirPodsを出して耳に装着するだけでBlueTooth接続が完了する。これはやばい。最高。

また、左右どちらかのAirPodsを外したら音楽が止まる、再度装着したら音楽が自動的に始まる。
人に話しかけられたら片方のAirPodsを外せばいいのだ。

装着感は人によって相性があると思うけど、僕はかなりフィットした。

また、軽いのでストレスは全く感じない。

買った人はみんなやってると思うが、頭をガンガン振ってみたけど全く落ちる気配はない。

おそらくジョギングとかしても大丈夫だと思う。まぁ意識の低い僕はジョギングとかしないけどw

 

AirPodsの音質について

正直、いい音だと思った。

いろんな人のレビューをみたところ、「低音が弱い」という意見が多かったのだけど、僕はそんなに低音が弱いとは思わなかった。

超高級イヤホンを持ってない僕には十分な音質だと思った。

 

外で音楽を聴くならAirPodsは最高だと思う

いままで使ってたSE215とかのイヤホンは遮音性が高いので音に集中できるのがメリットだったけど、ぶっちゃけ外で使うと周りの音が聞こえなくて怖いし周りにも迷惑。

実際、狭い道路で後ろから迫ってる車に気が付かなくて、追い越せない車に迷惑を掛けたこともあるぐらいだった。

AirPodsは構造上、周りの音も聞こえるから安心。

むしろAirPodsは外で使うのがメインとなると思うので、逆に遮音性が低いのはメリットだと思う。

 

AirPods開封直後の感想

最高、気になる人は買ったほうがいい

この快適さは使ってみないとわからないと思う。

難点は値段が高いこと。

税抜きで16,800円、税込みで18,000円超える。

僕もヘッドホンならもっと高いのを買ったことあるけど、イヤホンでこの価格を出すのは初めて。

でもこのブログを書いてる時点で、他の完全ワイヤレスのイヤホンと比較するとそこまで高くないと思う。

なにより、快適さを考慮したら価格分の価値はある。

iPhoneで音楽を聴く人で、AirPodsに興味を持っている人はぜひ、購入をおすすめしたい。

追記:2019年4月に第2世代のairpodsが出たので購入希望の方はそちらへの商品リンクを貼っておきます。

レビューしている第1世代のairpodsを購入したい方はこちら

中古を探している人は以下もおすすめです。
オーディオ/AV機器の新品・中古販売【フジヤエービック】